うつ病患者のダポキセチン摂取

このサイトでも口をすっぱくして申しているとおり、ポゼットはうつ病の薬です。
じゃあ、すでにうつ病にかかっていて治療中の人はポゼットのめるのか?ってのも気になるところではないかと思います。
結論から言うと、無理です!
ポゼットの禁忌事項に、他の抗うつ剤との併用はダメですってなってます。
うつ病の薬は、飲みすぎたり効果が重複すると、体がダルくなったり、場合によってはとても重い副作用がでたりする危険があるんです!
なので、そんな方は別の方法で早漏を克服しましょう。
頼れるのはなにもクスリだけではありません。早漏防止リングや、早漏防止コンドームなんていうものまであります。
あとはちんぽに塗る麻酔薬も、個人輸入で買えます。病院でよく使われている麻酔薬なんで、安心できるものです。
胃カメラのとき、お医者さんが先端にジェルみたいなのつけてませんでしたか?
あれ、ただの潤滑剤じゃなくて、麻酔薬らしいですよ。
そういう、体に入っても大丈夫な成分とか使われたものもあるので、本当に安心して使えるんで、うつ病の人も諦めないでくださいね。

自己責任の個人輸入

ポゼットを語るときにまず皆さんに周知しないといけないことがあります。
それは、ポゼットの主成分のお話!
ポゼットの成分って、なんと、、、向精神薬!なんです!
うつ病の患者さんに投与される、SSRIっていう成分が、興奮しすぎた脳をしずめてくれるから落ち着いてセックスできるって仕組みなんですよね。
始める前から賢者モード?なんだかおかしな話ですww
だから、ポゼットは飲み方に注意を払わないといけません。一日に何回もヤルからって、そのたんびに飲んでたらヘベレケになっちゃいます。(そんなマヌケな人は居ないでしょうがw)
ポゼットは日本では診認可ですので、このサイトをみてポゼットを使おうと思っている人は個人輸入での購入希望の人だと思います。
そういう人に特に守って欲しいのが、「薬の添付文書を捨てないこと」!!
外国の薬なんで、添付文書も外国語なんですが、それでも方法はあります。
まず、有名な薬なら訳文が検索できますが、これを覚えておけば、マイナーな薬でも比較的、なんとかなることが多いです!
みなさんの家にはスキャナーはあるでしょうか?あるなら、おそらくバンドルされているソフトの中に、文書読み取りソフトがあるはずです。
スキャンして、ソフトで文字に起こしてエキサイト先生に翻訳してもらいましょう!
めんどくさいですけど、個人輸入はぜんぶ自己責任です。外国語で読めないからって、手抜きして痛い目にあっても誰も助けてくれませんからね。それくらいの負担は覚悟で挑戦してみましょうよ!