市販薬と処方薬、飲合わせは医師に相談

さて、ここまでこのサイトでは、早漏防止薬のポゼットのいい面をたくさん紹介してきました。
今回はちょっと話題を変えて、皆様に気をつけていただきたい重要なことをお伝えしたいと思います
それは、薬の飲み合わせのお話です。
皆様も聞いたことがあるかもしれません、「高血圧の薬とグレープフルーツジュースを一緒に飲んではいけない」って話。
市販薬や処方薬、果ては普通の食品であっても、こういった飲みあわせ、食べあわせによっては体に害になることが多々あるのです。
ましてや、すべてが自己責任の個人輸入です。お薬手帳にもポゼットの事は書いてありません。
そこで、注意しないといけないのが、病院に罹るときです。薬を出される時は、お医者さんに必ず、ポゼットとの飲み合わせは確認していただきたいところです。

しかし、以前も申しましたとおり、ポゼットは日本では診承認の薬です。
お医者さんに「個人輸入の早漏防止薬を飲んでるんですけど、飲み合わせだいじょうぶですか?」って聞いても、取り合ってくれません。
当たり前ですよね。どんな成分が入ってるのかわかりませんから、お医者さんも大丈夫なんていえません。
ここも承知の上で個人輸入に挑戦しましょう。

ちなみに管理人はそんなときのために、まず最初の一回だけは、病院でポゼットと同じ成分の「プリリジー」を処方してもらいました。
そして病院で飲み合わせを聞くときには、「プリリジーを飲んでるんですけど、薬の飲み合わせは大丈夫ですか?」と聞きます。
ポゼットの成分はプリリジーと同じですから、禁忌の飲み合わせもだいたい一緒なんです。完全な方法ではないけど、安心感は段違いですよ。