早漏の治療薬ポゼットとバンテリンはどちらが効く?

ポゼットは飲む早漏の治療薬であり、クリームやスプレーに抵抗がある方におすすめです。
ペニスに使用するタイプだと、女性も違和感を覚えてしまうことがあるのです。
なんとなく膣内がヒリヒリする、感度が弱くなったように感じるなど、いつもと違う感覚を覚える方が少なくありません。
これに対してポゼットは、飲むだけで脳の興奮を抑えて、持続時間を長くしてくれます。
経口薬が登場する以前はクリームやスプレーが使用されていましたが、極端にペニスが鈍感になって、早漏から遅漏になる方も少なくありませんでした。
ちょうどよい射精時間に調整するのが難しいため、ポゼットなどの経口タイプの治療薬が普及したのです。
射精までの時間を3倍くらいに延ばしてくれるので、ほとんどの方は問題ない持続時間まで回復するでしょう。

早漏の治療薬は全般的にかなり高額です。
ポゼットにしてもクリームにしても、ED治療薬を超える価格帯となっています。
費用を抑えて治療したい方は、バンテリンを使用しているケースが多いようです。
バンテリンといえば、肩こりや筋肉痛、関節痛などに効果的な医薬品ですが、早漏解消にも役立つことが知られてきました。
本来は早漏治療の薬ではないのですが、早漏防止のためにバンテリンを使用し、射精時間が大幅に延びたとコメントした方がいたのです。
ペニスに塗ることで感度を鈍らせて、適度な持続時間にしてくれるそうです。
ただし、痺れて鈍感になりすぎて、遅漏になる方もいるので注意が必要です。
早漏防止用の薬ではないので、ペニスに塗布することは想定されていませんが、継続的に使用することで早漏を予防できると言われています。
使用後にSEXをして、どの程度の量を塗れば快感と持続時間を両立できるか模索していきましょう。